景気循環とは?景気の波やグラフを分かりやすく解説します

景気循環とは

景気とは「国全体で、商売がうまくいっているかどうか」「社会でお金がどれぐらい回っているか」を指します。

好景気では、商売が上手くので、給料が上がり消費活動が多くなります。そのため、国にも税金が入って国全体が潤います。

不景気では、商売が上手くいかないので、給料が下がり、消費活動が少なくなります。国に税金が多くは入らなくなるので、国全体の経済が冷え込みます。

たいてい景気は、好景気と不景気を交互に繰り返します。それを景気循環といいます。

では景気循環とはどのような景気変動が起きるのでしょうか?
分かりやすく解説します。

景気循環とは

意味
好景気と不景気を繰り返す景気変動を指します。
好況・後退・不況・回復と呼ばれる4つの段階が繰り返し現れます。

景気の波

好景気に景気が悪くなっていくと、後退に向かっていると言えます。

最も好況な時を「山」と呼びます。逆に、最も不況な時を「谷」と呼びます。
景気循環は、不況時の「谷」から次の不況の「谷」まで1サイクルとしています。

理想の景気循環

理想の景気循環は、景気循環を通じて、経済がどんどん経済が成長していくことです。

では一体どうして景気循環があるのでしょうか。色々な説が考えられますが、基本的には下記だと考えられています。

  • 「キチンの波」
  • 「ジュグラーの波」
  • 「コンドラチェフの波」
  • 「クズネッツの波」

これらの景気循環の波が重なり合うことで、今日の景気循環の波が形成されています。

それぞれの性質を見てみましょう。

キチンの波

意味
40ヶ月周期で起き在庫投資が原因で発生する

好況時は商品やサービスがよく売れるので、小売店は大量に商品を仕入れ、品切れが起きないようにします。

しかし、景気が後退期に入ると、商品やサービスの売れ行きが悪くなり、仕入れを減らします。
小売店が仕入れを減らしてしまうと、商品の製造メーカーの売上が下がります。メーカーの売上労働者の給料も下がり、不況になります。

このように、在庫投資が原因で景気循環の波が起きると言われています。

ジュグラーの波

意味
10年周期で起き設備投資が原因で発生する

企業の機械などの設備はおおよそ10年で新しく交換されるので、それにともない、景気の循環の波が起きると言われています。

クズネッツの波

意味
20年周期で起き建設投資が原因で発生する

建設物の需要は約20年一回起きるを言われており、それにともない、景気循環の波が起きると言われています。
子供が20年経つと家などを購入する年齢になるので納得できると思います。

コンドラチェフの波

意味
50年周期で起き技術革新が原因で発生する

自動車や航空機や医療機器の発明レベルの新しい技術革新が50年に一回起きると言われており、それにともない、景気循環の波が起きると言われています。

5GやAIの普及など現代の技術革新は驚くべきスピードで進んでおり、コンドラチェフの波を見直す必要があるという意見もあります。