直接金融と間接金融とは?意味や違いを解説します

お金が余っている人から不足している人に融通することを金融といいますが、金融には「直接金融」と「間接金融」の2種類があります。
今回は「直接金融」と「間接金融」とは何か?メリット・デメリットやそれぞれの違いについて解説します。

直接金融とは

意味
資金を必要としている国や企業が、銀行などの第三者を間に挟まずに、社債や株式や公債といった有価証券を発行して、必要資金を証券市場を通じ、資金を融通する貸し手から調達すること

直接金融の例

あなたが証券会社に行き、A社が発行した株を買ったら、あなたはA社に出資したことになります。
証券会社は、あなたとA社を繋ぐ窓口の役割にすぎません。

債券の場合も同じです。証券会社に行って、A社が発行した債券を買うと、A社にお金を貸したことになります。

出資者と、資金を受け取る企業が直接結びついてるお金の流れを「直接金融」といいます。

直接金融のメリット

  • 貸出する金利を自由に設定可能のため、高リターンが期待できる。
    (銀行などを間に挟まないため、出資者が自由に金利を設定できます。)
  • 貸し手と借り手が直接やり取りするため、開示する情報を制限することができます。

直接金融のデメリット

  • 貸し手側にとってはリスクが高いこと。
    直接金融では間をとりもつ第三者が存在しないため、もし借り手側で返せなくなっても、貸し手側の責任になります。
    仲介として証券会社が間に入ることがありますが、もし借り手側で返せなくなっても、証券会社の責任ではなく貸し手側の責任になります。
  • 借り手側はIR活動に多大な工数、費用がかかります。
    株式や債券を通じて資金調達したならば、株式や債権の価値を投資家にPRしなければいけません。

間接金融とは

意味
資金を必要としている国や企業が、銀行などの金融機関からの借り入れで資金を調達すること

貸し手と借り手の間に銀行が入ります。
貸し手側は銀行に預金としてお金を預けているだけで、借り手が誰であるか意識しなくてよいです。

銀行が融資判断できれば借り手に資金を融通することになります。

間接金融の例

あなたがA銀行に預金した場合、A銀行にお金を貸したことになります。
A銀行はあなたから借りたお金を、B企業に貸し出します。

金融機関が間に立って、お金を貸す人とお金を借りる企業が、間接的に結びついているお金の流れを「間接金融」といいます。

間接金融のメリット

・金融機関は借り手にお金を貸す際に、借り手側の資産情報や、負債はどうか、決算結果はどうかなど詳細にかつ厳しく審査しています。貸す相手を慎重に選んでいるので、可能な限り貸倒れリスクを軽減できます。

・借り手側のメリットとしては、金融機関も損をしてまで資金を損なうことを避けなければいけないので、審査を通ったとはいえ、貸し倒れのリスクを防ぐために財務面での経営サポートを行ってくれる可能性が高いです。

間接金融のデメリット

  • 金融機関側も貸倒れリスクを完全に排除することが難しい

直接金融と間接金融の違い

違い
貸し手と借り手が直接(証券会社を通す場合あり)お金をやり取りするのが直接金融
貸し手と借り手の間に金融機関の銀行などを介しお金のやり取りをするのが間接金融

「直接金融」 より「間接金融」のほうが、リスクが小さいといわれていますが、お金が増える割合も小さいです。
一方「直接金融」 は、「間接金融」 よりリターンを期待できるが、リスクも大きいといわれています。

日本は個人資産の預貯金の割合が、欧米に比べて間接金融の比率が高いです。
しかしながら、金融ビッグバンや規制緩和が進むことで、企業の資金調達や金融システム全体が間接金融から直接金融へ移行しようとしてきています。