GDPとは?意味や計算方法を解説します

GDPとは

「GDP」という用語をニュースや学校の授業で聞いたことはありませんか?
日本はGDPが低いと言われていますが、どうやって計算しているのでしょうか?

今回は、日本のお金を知るうえで欠かせないGDPについて解説します。

GDPとは

意味
Gross Domestic Productの略語で国内総生産のことを指します
Gross (総額) Domestic (国内の) Product(生産物・製品)
それぞれを訳すと、国内総生産になりますね!

要するに
1年間同じ国に住んでいる人々によって新たに生産されたモノやサービスの付加価値の合計金額を指します。
簡単に言うと、国内で商品やサービスを購入したり、建物を立てたりなどで使われたお金の総計です。つまり、その国が1年間で儲けたお金のことです。

GDPの計算方法

計算方法
GDP=民需(国内消費額と国内企業が行う投資額の合計)+政府支出+貿易額

民需

1年間の国内消費額と国内企業が行う投資額の合計のことを指します。

例えば、日本で国内総生産の大半を占めているのが、日本で生活する人々が日常的に行う消費と国内にある企業が行う投資の合計金額である「民需」です。

政府支出

1年間に政府が使ったお金のことを指します。

貿易額

輸出額から輸入額を引いた額が貿易額です。

名目GDPと実質GDP

GDPには名目GDPと実質GDPがあります。

名目GDP

意味
物価変動や貨幣価値を反映せずに計算したGDP

名目GDPは、上記の計算式をそのままの金額で算出します。

実質GDP

意味
物価変動や貨幣価値を反映して計算したGDP

貨幣の価値は毎年変化するため、他の年のGDPと比較する時に、名目GDPのみでは、正確な成長率を図ることができません。貨幣価値を反映させることで、正確な成長率の測定ができるようになります。
これが「実質GDP」です。

つまり、貨幣価値の変動を考慮せず、名目GDPで経済成長を測ってしまうと、実際、成長率はマイナスなのにプラスの成長率が算出されてしまいます。

その1年間のGDPの値を他国と比較する場合は、名目GDP
過去と比べてどのくらい成長しているかを正確に知りたい場合は実質GDP

を見る必要があります。

日本のGDP成長率の推移

1965~1970年代の成長率に比べ、かなり低い成長率です。