GNIとは?意味や世界ランキングを分かりやすく解説します

GNIのような画像

「GNI」という用語をニュースで聞いたことありませんか?
どうやって計算しているのでしょうか?

今回は、GDPやGNPと混同しがちの「GNI」について見ていきましょう!

GNIとは

意味
Gross National Incomeの略語で国民総所得のことを指します。

Gross (総額) National(国民の) Income(所得・収入)
それぞれを訳すと、国民総所得になりますね!

GNIは「国民が国内外から1年間に得た所得の合計」を表します。

要するに
一定期間に国民によって新しく生産された財(商品)やサービスの付加価値の総計を指します。国民が産み出したものであれば、国内以外で生産された財・サービスの価値も含みます。対外投資などを通じて海外での生産活動に貢献した報酬も含んでいます

グローバル化により海外企業がどんどん国内進出してくる日本では1993年から代表的指標としてGDP(国内総生産)が使われるようになりました。

内閣府が発表する国民経済計算では、2000年からGNPに代わり、海外からの所得を加えたGNI(国民総所得)が用いられています。GNPとGNIは同じことを指しているのです。

GNIの計算方法

GNI=GDP+海外からの純要素所得

GDP

Gross Domestic Productの略語で国内総生産のことを指します。
1年間同じ国に住んでいる人々によって新たに生産されたモノやサービスの付加価値の合計金額を指します。
GNIが国民であるのに対して、GDPは国内です。

海外の人が国内で産み出したサービスや財もカウントされます。

GDP=民需(国内消費額と国内企業が行う投資額の合計)+政府支出+貿易額

海外からの純要素所得

海外からの要素所得ー海外への要素所得で求められます。

日本で例えると
海外からの要素所得は、国外で仕事をしている日本人が稼いだ所得額です。
海外への要素所得は、日本国内で働いている外国人が稼いだ所得額です。

まとめると
GNI=1年間同じ国に住んでいる人々によって新たに生産されたモノやサービスの付加価値の合計金額+国外で仕事をしている国民が稼いだ所得額−国内で働いている外国人が稼いだ所得額

GNIの世界ランキング

GNIの世界ランキング表

1位 アメリカ
2位 中国 
3位 日本
4位 ドイツ
5位 イギリス

日本は3位なので、GNIに関しては良い状況です。