希望小売価格とは?定価と何が違うの?

希望小売価格とは

意味
メーカーが小売店に対して「この商品はこれくらいの価格を想定して販売してほしい」というメーカーが小売店に提示する希望価格のことです

定価と希望小売価格の違い

「希望小売価格」は小売店が場合によっては値下げや値上げをできますが、
「定価」は値下げも値上げもしてはいけません。

一昔前は、商品をメーカーが決定した販売価格である「定価」で販売されていました。
定価に対して小売店は、値上げも値下げもしてはいけません。

しかし、小売店側は、地域によって流通コストも異なれば、売上にも差が生まれます。
メーカーに設定された定価でしか商品を販売できないので、売れない場合は、赤字になります。

これが、独占禁止法違反とされたことから、メーカーは「この商品はこれくらいの価格を想定して販売してほしい」ということを意味する、希望小売価格を提示するようになりました。希望小売価格には、定価のような強制力はありません。

希望小売価格のメリットとデメリット

希望小売価格のメリット

定価とは異なり、値下げ値上げを自由に小売店がすることができるので、売れない在庫は、値下げをして販売すれば在庫を抱える必要がなくなる。

希望小売価格のデメリット

割引により、希望小売価格と実際の販売価格が全然異なると、消費者に、「〇〇メーカーの商品は安く売られている」という間違った認識を起こし、メーカーのブランドイメージに傷をつける恐れがあります。