ふるなびの評判・口コミは?メリットや使い方を紹介【2020年版】

ふるさと納税でふるなびを使おうと思っているんですけど、評判や口コミはどうなんだろう・・不安です。
ふるなびの評判や口コミは良い意見が多いです。家電製品や商品券の掲載が豊富で、レビューを投稿するとAmazonギフトコードがもらえるなどのキャンペーンも実施しているのでお得です!

ふるなびの評判と口コミはどうなのか

ふるなびの評判と口コミについてツイートを検索してみたところ「使いやすい」「キャンペーンがすごい」「丁寧に包装されていた」などポジティブな意見が多かったです。急激に伸びているふるさと納税サイトです。

MEMO

家電製品が多く揃っています。キャンペーンに特に強くて、Amazonギフトコードがもらえます。お得感No.1

ふるなびとは

③:ふるなび
運営会社:株式会社アイモバイル

返礼品数掲載自治体数レビュー機能決済ポイントキャンペーン
61261390ありクレカのみありあり

ふるなびは、とにかく使いやすくて、キャンペーンが豊富でお得なので、利用者数が急激に伸びています。東証一部上場企業が運営しているWebサイトなので、信頼性と安心感があります。

ふるなびの特徴

特徴
家電製品や商品券の掲載が豊富。レビューを投稿するとAmazonギフトコードがもらえるなどのキャンペーンも実施しています。使いやすいので、初心者〜上級者まで利用者が急増しています。

家電製品の掲載数がとにかく多い

  • 全自動コーヒーメーカー
  • ミラーガラスオーブントースター
  • ハンディーアイロン&スチーマー
  • 500GB内蔵HDD32V型ハイビジョン液晶テレビ
  • ふとん乾燥機 タイマー付
  • 象印IH炊飯ジャー「極め炊き」
  • NEC LAVIE Direct NS (15.6型WXGA液晶搭載スタンダードスリムPC )
  • アラジン グラファイトグリラー (卓上調理器)
  • 【ロボット】掃除機

などなど大人気家電製品がとにかく多いです。

お得なキャンペーンがたくさん実施されている

過去のものから現在までお得なキャンペーンを実施しているので、いくつか抜粋しました。

  • 5回に1回の確率でAmazonギフトコード3,000円分が当たる!
  • レビュー数が5件未満の返礼品に対してレビュー投稿を行った方にAmazonギフトコード最大200円をプレゼント
  • ふるなび利用で総額100億円が当たるキャンペーン
  • 返礼品増量キャンペーン

などなどお得なキャンペーンを多く実施していたりします。

ふるなびでふるさと納税するのが向いている人

  • お得にふるさと納税したい人
  • 信頼性と安心感のあるサイトでふるさと納税したい人
  • 食材だけで無く家電製品にも興味がある人
  • 使いやすいサイトがいい人
  • 手続きが楽な方がいい人

ふるなびでふるさと納税するのが向いていない人

  • 迷うくらい多くの自治体数がある方がいい人

ふるなびは自治体数こそ、他のサイトには劣りますが、主要な返礼品は全て揃っているので安心していいと思います。

ふるなびのメリット・デメリット

ふるなびのデメリット

デメリット
  • 自治体数がやや少ない。
    ※主要な返礼品はしっかり揃っています。

ふるなびのメリット

メリット
  • 常時Amazonキャンペーンを実施している。
  • 還元率の高い人気商品券が掲載されることがある。
  • 食材だけでなく家電製品も網羅している。
  • 初心者でも上級者でも使いやすい。
  • 上場企業が運営しているので安心感がある。
  • マイページで控除上限額シミレーションができる。
  • 手続きがとにかく楽。

ふるなびを利用するメリットがたくさんあることは、ご理解できたかと思います。

ふるなび
編集部のおすすめ度
(5.0)

【たったの1分だけ!】ふるなびの登録方法

ふるなびの登録方法

ここからはふるなびを登録するか迷っている方向けに、ふるなびの登録方法を解説します。一度登録すると簡単に手続きを行うことができます。

1:ふるなびを開いて、右上のログインをクリック

ふるなびを開いたら、右上のログインをクリックしましょう。

2:右側の「まだ会員登録をされていない方」を選択

3:必要情報を入力

メールアドレス、パスワード、郵便番号、住所、電話番号。登録の時に入力するだけで、返礼品を注文する際に入力する必要がなくなります。

4:会員登録完了

これで会員登録完了です。

ふるなびの使い方

登録方法が凄く簡単だったのは理解できたと思います。では使い方を説明いたします。

1:欲しい商品ページで「寄付を申し込む」をクリック

2:必要情報を入力して寄付完了

これがふるなびの申し込みページです。登録時に入力した個人情報が自動入力されているので、支払い情報だけ入力すれば完了です。必須条件だけしか入力しなくても大丈夫です。

【初心者用】ふるさと納税の基礎知識

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは
地方自治体への寄付金のこと。ふるさと納税で地方に寄付すると、そのお礼として地方の特産品が送られてきます。寄付金額が2000円を超えると、超えた分は所得税と住民税から控除されます。そのため、節税対策としても注目されています。

実質負担分

上の図を見ると、寄付額に対して税の減額分があり、実質負担分がかなり少ない事が分かります。

2015年1月1日から控除額が2倍になり、ますますふるさと納税に注目が集まっています。

ふるさと納税の特徴

  1. 地域の返礼品や優待券がふるさと納税のお礼としてもらえる。
    お礼の品は食材から家電まで多種多様に揃っています。
  2. 寄付金額が2000円を超えると、超えた分は所得税と住民税から控除される。
    節税策としても有効です。※控除を受けられる金額はご本人の所得税によって異なります。
  3. 自分の地元でなくてもふるさと納税できる。
    複数の地域に寄付できます。
  4. 初めの一回だけ2000円がかかる。
    2回目以降は2000円がかかりません。

ふるさと納税のやり方

ふるさと納税のやり方を手順ごとに解説します。

手順1
自分の納税可能額を調べる
まず自分の納税可能額を調べ、税金が控除される上限金額を把握しましょう。控除される上限金額は下に総務省のリンクよりご確認ください。

参考 ふるさと納税の控除上限額について 総務省|ふるさと納税ポータルサイト
手順2
自治体を選び寄付をする
自分が過去に住んでいた地域や魅力的な返礼品がある自治体を選んで寄付を行いましょう。申込方法は地方自治体によって異なるため、ふるなびで確認しましょう。
手順3
寄付金の受領証明書と返礼品を受け取る
寄付して数週間〜数ヶ月経つと、寄付金の受領証明書と返礼品が送られてきます。
手順4
ふるさと納税ワンストップ特例申請書を提出 OR 確定申告する
年間のふるさと納税の寄付先が5ヶ所以内である人や確定申告する必要ない会社員はふるさと納税ワンストップ特例申請書を提出しましょう。また、当てはまらない方は確定申告しましょう。
手順5
所得税が還付され、翌年度の住民税が減額される
寄付をすることで、所得税は還付され、翌年の住民税は減額されます。
ふるさと納税ふるさと納税とは?特徴やメリット・デメリット

ふるさと納税の返礼品別ランキングTOPへ

他のふるさと納税サイトと比べたい方用
ふるさと納税のおすすめサイト5選【絶対失敗しない】ふるさと納税のおすすめサイト5選【絶対失敗しない】