ふるさと納税のうなぎおすすめランキング 

ふるさと納税のうなぎおすすめランキング 

マネナレのふるさと納税のうなぎおすすめランキングは、5つの大手ふるさと納税サイトを比較し、多くのお客様に選ばれる人気商品から、おすすめを選び掲載しています。

ふるさと納税のうなぎおすすめランキング

ふるさと納税の返礼品におすすめのうなぎランキングです。下に各順位の詳細がありますので、ご覧くださいませ。

順位返礼品名寄付金額自治体名
1位大サイズ 国産うなぎ蒲焼 2本セット10,000円和歌山県有田市
2位国産うなぎ蒲焼・2尾セット15,000円静岡県吉田町
3位鹿児島県大隅産うなぎ蒲焼600g[150g×4尾]20,000円鹿児島県鹿屋市
4位うなぎ蒲焼5尾(計800g以上)都農町加工品24,000円宮崎県都農町
5位四万十うなぎ蒲焼き6本セット33,000円静岡県吉田町

還元率・コスパの定義

ふるさと納税は寄付をして返礼品をもらい、税金を控除して節税対策を図るものと言われてますが、寄付金額に対して返礼品の還元率やコスパが悪いと損した気持ちになりますよね。

マネナレでは、返礼品の市場価格を調べ、還元率を求めています。一般的には、30%の還元率が目安と言われています。

ふるさと納税のうなぎおすすめランキングで使用されている還元率は以下の計算方法で求められます。

還元率=返礼品の市場価格 ÷ ふるさと納税の寄付金額(%)

ふるさと納税のうなぎおすすめランキング見る上で、還元率やコスパも気にして見ると良いでしょう。

※市場価格が確認できない場合、還元率欄に「ー」と記載しています。ふるさと納税の返礼品用に特別に提供してくださっているので希少価値は高いと言えるでしょう。

1位 大サイズ 国産うなぎ蒲焼 2本セット

1位 大サイズ 国産うなぎ蒲焼 2本セット※写真はイメージです。

和歌山県有田市がふるさと納税の返礼品として提供してくださる国産うなぎ蒲焼2本セットです。

大手通販サイトのうなぎ部門でグルメ大賞を9年連続で受賞した国産うなぎの専門店の返礼品なので、信頼性と安心感は抜群。食べる時は、湯せんで温めていただくだけなので、非常に簡単!更に美味しくするためには、流水で解凍後にオーブンや魚焼きグリルで少し炙ると良いです。

寄付金額10,000円
内容量うなぎ蒲焼2尾300g以上(タレ、山椒付き) /国内産
還元率約40%
自治体名和歌山県有田市

(5.0)

詳細はこちら

※レビューは投稿された時点の内容です。
【さとふる引用】ここの鰻は最高です。肉厚で味つけもあっさりで臭みもない。 さとふるで色々鰻を試しましたが、コスパに合うし言うことない。そして何より美味しいのです。 子供たちが帰省に合わせて早めに頼むのですが、最近は人気が高すぎてなかなか来ないのが悩みの種。 皆さんも認めた美味しさですね。

2位 2位 国産うなぎ蒲焼・2尾セット

2位 国産うなぎ蒲焼・2尾セット※写真はイメージです。

静岡県吉田町がふるさと納税の返礼品として提供してくださる国産うなぎ蒲焼・2尾セットです。湯煎でも美味しいのですが、肉厚や大きさがちょうど良く、軽く表面を炙ると、美味しく食べられるのでおすすめです。

寄付金額15,000円
内容量うなぎ蒲焼(約140g~150g)×2尾
還元率
自治体名静岡県吉田町

(4.5)

詳細はこちら

※レビューは投稿された時点の内容です。
【さとふる引用】大きさはちょうどよく、肉厚で温めているとうなぎの美味しそうな匂いが部屋いっぱい!匂いと同じく味もグッドでした。

3位 3位 鹿児島県大隅産うなぎ蒲焼600g[150g×4尾]

3位 鹿児島県大隅産うなぎ蒲焼600g[150g×4尾]※写真はイメージです。

鹿児島県鹿屋市がふるさと納税の返礼品として提供してくださる大隅産うなぎ蒲焼600gです。急速冷凍されているので、新鮮な味を楽しめます。湯煎して温めるだけで「ふっくら、やわらかい」うなぎの蒲焼を楽しむことができます。

寄付金額20,000円
内容量うなぎ蒲焼(無頭)600g[150g×4尾]
還元率
自治体名鹿児島県鹿屋市

(4.5)

※レビューは投稿された時点の内容です。
【ふるなび引用】ふわふわで臭みもなく、とても美味しい味でした。普段、スーパーで買ってくる中国産のうなぎとは違い、ゴムみたいな食感ではなく、ふわふわの本物の味という感じでした。タレも美味しく、家族みんなで美味しくいただきました。来年も頼もうと思ってます。

4位 うなぎ蒲焼5尾(計800g以上)都農町加工品

4位 うなぎ蒲焼5尾(計800g以上)都農町加工品※写真はイメージです。

宮崎県都農町がふるさと納税の返礼品として提供してくださるうなぎ蒲焼5尾です。肉質、脂、香り、骨、味の5項目で数値化した評価基準を定め、養殖から蒲焼製造まで一連の工程の中、重要なポイントで3回の試食検査を行われているそうです。そのため、信頼性と安心感は高いのではないでしょうか。

寄付金額24,000円
内容量うなぎ蒲焼(長焼) 5尾(1尾160g以上x5尾)
還元率
自治体名宮崎県都農町

(4.5)

5位 四万十うなぎ蒲焼き6本セット

5位 四万十うなぎ蒲焼き6本セット※写真はイメージです。

高知県四万十町がふるさと納税の返礼品として提供してくださる四万十うなぎ蒲焼き6本セットです。大手ふるさと納税サイト「ふるなび」で高評価やレビューが多く寄せられているうなぎです。うなぎの餌に納豆パウダー、青のりパウダーを混ぜているので、うなぎの臭みが消されています。そのため、女性にもおすすめです。

寄付金額33,000円
内容量四万十うなぎ蒲焼(無頭) 110g×6尾
還元率
自治体名高知県四万十町

(4.0)

ふるさと納税で選ぶ【うなぎの基礎知識】

ふるさと納税でうなぎを選ぶ方は非常に多いです。贈り物にもぴったしなうなぎを選んでみましょう。

うなぎには健康にはいい成分がたくさん含まれています。

  • ビタミンA
  • ビタミンB郡
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • カルシウム
  • 亜鉛
成分含有量(100g)
エネルギー293kcal
脂質21 g
コレステロール230 mg
0.8 mg
ビタミンB60.1 mg
マグネシウム15 mg
カルシウム150 mg
ビタミンD19 µg
コバラミン2.2 µg
ナトリウム510 mg
ふるさと納税でうなぎを返礼品として選ぼうとしている方は、5つの大手ふるさと納税サイトを比較したおすすめランキングを是非ご覧ください。多くのお客様がこのサイトを通じて、ふるさと納税でうなぎを返礼品として選んでいただいております。

ふるさと納税でうなぎを選ぶ前に確認事項

ふるさと納税でうなぎを返礼品で選ぶ前に確認しておくと良いことをまとめました。

ふるさと納税の基本を知りたい方はこちら
ふるさと納税ふるさと納税とは?特徴やメリット・デメリット

ふるさと納税のメリット

メリット
  • 実質負担額2,000円で豪華な特産品をもらうことができる
  • 寄付金額を自分で設定できる
  • 所得税が還付され、住民税が控除される
  • 自分で寄付したい地方自治体を選ぶことができる
  • 被災地の復興やインフラの整備、環境の整備といった寄付金の使用目的を自分で選ぶことができる

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税にはほぼデメリットがありませんが、敢えてあげるなら以下になります。しかし、下で解説しますが、上限金額の把握は簡単に行うことができますので、ぜひしておきましょう。

デメリット
  • ふるさと納税以外の控除がある人は、控除対象になる上限金額がいくらなのか分かりにくい
  • 自己負担額2,000円はかかる

ふるさと納税で失敗しないために

①税金控除上限額を把握しよう

まず自分の納税可能額を調べ、税金が控除される上限金額を把握しましょう。控除される上限金額は下記リンクよりご確認ください。

参考 ふるさと納税控除上限額シミュレーションさとふる

②寄付日に注意する

ふるさと納税で寄付した翌年に控除を受けたい場合には、しっかり年内(12月31日)に寄付しましょう。

③ふるさと納税ワンストップ特例申請書を提出 もしくは 確定申告する

寄付した後に「ふるさと納税ワンストップ特例申請書」もしくは「確定申告」をしなければ、税金の控除を受けられません。しっかり手続きをしましょう。※手続き自体かなり簡単です。そのため、もしわからない方がいらっしゃったら返礼品を頼んだ後に、頼んだサイトに手続き方法が載っていますのでそちらをご確認お願い致します。

ふるさと納税の返礼品別ランキングTOPへ