酒税とは?税率がいくらなど簡単に分かりやすく解説します

酒税とは?

お酒に税金がかかるって本当?
お酒を買うと税金が課されます。酒税って言うんだ。今回は酒税とは何か?種類や税率について解説していきます。

酒税とは

酒税とは
酒類を消費すると課される税金のこと。間接税です。

第一条 酒類には、この法律により、酒税を課する。
(酒類の定義及び種類)
第二条 この法律において「酒類」とは、アルコール分一度以上の飲料(薄めてアルコール分一度以上の飲料とすることができるもの(アルコール分が九十度以上のアルコールのうち、第七条第一項の規定による酒類の製造免許を受けた者が酒類の原料として当該製造免許を受けた製造場において製造するもの以外のものを除く。)又は溶解してアルコール分一度以上の飲料とすることができる粉末状のものを含む。)をいう。

酒税法

酒税法では酒類を4種類に分類している

酒類は、発泡性酒類、醸造酒類、蒸留酒類及び混成酒類の四種類に分類する。

酒税法

酒税法によると酒類は発泡性酒類醸造酒類蒸留酒類混成酒類の4種類に分類されます。

発泡性酒類

  • ビール
  • 発泡酒
  • シャンパンなどの発泡酒

 醸造酒類

  • 清酒(日本酒)
  • 果実酒(りんご酒や梅酒など)
  • その他の醸造酒

蒸留酒類

  • 連続式焼酎
  • 単式蒸留焼酎
  • 原料用アルコール
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • スピリッツ

混成酒類

  • 合成清酒
  • みりん
  • 甘味果実酒
  • リキュール
  • 粉末酒
  • 雑酒

酒類を購入する際、酒税と消費税がかかるのか

消費税とは
商品やサービスを消費すると課される税金のこと。

消費税は酒類にも課されます。酒類に課される消費税は酒税を含んだ小売価格に対して課されます。

酒税の税率一覧表

酒類別に酒税の税率一覧表をまとめました。

発泡性酒類(基本税率)220,000円(1kl 当たり税率)
ビール220,000円
発泡酒(麦芽比率50%以上)220,000円
発泡酒(麦芽比率25%以上)178,125円
発泡酒(麦芽比率25%未満)134,250円
その他の発泡性酒類80,000円

醸造酒類(基本税率)140,000円(1kl 当たり税率)
清酒(日本酒)120,000円
果実酒80,000円
その他の醸造酒140,000円

蒸留酒類(基本税率)基本:20万円
20度以上は1度ごとに1万円加算
連続式焼酎基本:20万円
20度以上は1度ごとに1万円加算
単式蒸留焼酎基本:20万円
20度以上は1度ごとに1万円加算
原料用アルコール基本:20万円
20度以上は1度ごとに1万円加算
ウイスキー
ブランデー
スピリッツ
基本:37万円
37度以上は1度ごとに1万円加算

混成酒類(基本税率)基本:22万円
20度以上は1度ごとに1万1千円加算
合成清酒100,000円
みりん20,000円
甘味果実酒
リキュール
基本:12万円
12度以上は1度ごとに1万円加算
粉末酒390,000円
雑酒基本:22万円
20度以上は1度ごとに1万1千円加算

酒税額を簡単に調べる方法

酒税の税率一覧表を上でまとめましたが、1kl当たりの酒税額なので、実感しづらいかと思いますので、CASIOさんのメディアである高精度計算サイトを使ってみると簡単に酒税額を計算することができます。

酒税額

参考 酒税 - 高精度計算サイト CASIO